FC2ブログ
アナログ時計(黒)
プロフィール

*Eureka*

Author:*Eureka*
旅日記をのんびりと綴っています

映画、ドラマの話もチラホラ

要するに気まぐれBlog

なのでお気軽にお立ち寄り下さいませ

最新記事
最新コメント
管理人へのお便り
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

月別アーカイブ
クラシック演奏会
カテゴリ
遊びに来てくれた人
いま遊びに来てくれてる人
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪人』


【悪人】

akunin.jpg

STORY

ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の悪人か

土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、
長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、
恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら
唯一の趣味である車以外に何の楽しみも人生に見いだすことも出来ずにいた

佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代(深津絵里)は、
妹と2人で暮らすアパートと職場の往復だけの退屈な毎日を送っていた
そんな2人が偶然、出会い系サイトを通じて出会う

「本気で誰かに出会いたかった...」

孤独な魂を抱えた2人は刹那的に愛に身を焦がす

しかし、祐一はたったひとつ光代に話していない秘密があった
彼はOL殺人事件の犯人だったのだ・・・

オフィシャルサイトより抜粋


あたしはこの深津&妻夫木という組み合わせが
苦手でして・・・・NG

妻夫木くんはともかく深津さんは好きな女優さんです?

だけど2人が共演したスローライフっていう月9ドラマが、なんというか。。。

な~んかこの2人の間には”愛”が見えないのよねa

どちらかが下手とか、そーいうのではないんだけど
友達とか弟みたいな、的な雰囲気だと結構いい感じに思えるのに
恋人同士っていう目でみると、物足りない?

なので、この2人が”刹那的に愛に身を焦がす”と言われても
想像ができなかったんだよねaa


原作は未読だけど、ちょっと前に読んだ「パレード」は
面白かったから期待できそうだったし
トレンディドラマとは違って
今回は取り組むテーマの重さから
ドラマの時とは違った2人が見られるかも??


という淡い期待を持って見に行ってきました





やはりダメでした、全然面白くなかった・・・・a


まず俳優さん達なんだけど
みんなお上手なんですよ、ほんと

ただ配役がはまりすぎてしまっているせいか
全てにおいて何の不足もなくじょうず~に演じてらっしゃる

演技は上手い方がいいに決まっているけど
今回に限っていえば
ベテラン所以の安定感があたしにとっては裏目って感じだったかな

そんな中で祐一の祖母・房枝役の樹木希林さんの演技は
とても樹木さんらしいにも関わらず、でもその存在感が圧倒的
特に台詞がないときの目の演技、背中の演技が素晴らしかったです

一方、被害者・佳乃役の満島ひかりちゃんや
金持ち大学生最低男・増尾役の岡田将生くんの演技は
新鮮で印象的?

役柄に恵まれたせいもあるけど満島ひかりちゃん、
めっちゃ良かったです??
若い女の子が持つ、媚びとか嫌らしい面を
とっても上手に演じていたし、
殺されるまでの数分間はまさに体当たりの演技

岡田くんも最低最悪男を完璧に演じてくれてましたa

で、主役のお二人はというと

深っちゃんもいつも通り、お上手?

話題のベッドシーンに関しては
あの深っちゃんがね~的な目線でみれば
「大胆!」と言えるんでしょうけど
ベッドシーンとしてどうかといえば、別に・・・

妻夫木くんもこれまでの役柄のイメージと違った難役に挑み、
すごく頑張ってました

が・・・やっぱりあきまへん・・・

この2人にはなんでか”愛”がみえまへん・・・

このあたりについては「ネタバレコーナー」にて

俳優さんについてはかなり辛口になりましたが
ストーリーの方もなんかしまりがない

とりあげているテーマはけして悪くないと思うのにね

この物語には
主人公2人の悲恋と逃亡劇
加害者と被害者家族、それぞれの悲劇

という2つのストーリーが交錯するなかで
「果たして悪人とは誰なのか?」

という問いが生まれてくるんだけど

139分という時間では足り無すぎたのか
それぞれのエピが散漫になりすぎて、深みが感じられないの?

この「誰が悪人なのか?」

という問いを投げかけるためには
いろいろなエピを盛り込まないといけないのはわかるんだけど、
小説とは別の「映画」としてまとめるのであれば
やっぱりもっと主役2人に焦点をあてるべきではなかったかと

2人が出会う前まで2人は家族や異性と
どのように接してきたのか、どう扱われてきたのか
なぜ光代はあの町から出ることもなく暮らしてきたのか

どちらかといえば人見知りで内気な性格の2人が
なぜ出会い系サイトを利用し、実際に逢おうとまでしたのか

2人が抱える孤独の深さをきっちり描けば
絶望しかないはずの逃避行を続けることになったか
って点でもっと彼らの気持ちにシンクロできたのではないかと

そしてその悲劇性がクローズアップされれば
その相乗効果でこの事件に関わった周りの人たちの悲しみにも
深みが増したんじゃないのかな・・・

あと気になったのがカット割

突然「へ?」っていうような強引なシーンの割り込みや
ぶちぎりのようにシーン転換したりと
なんか流れが悪くって・・・・?

これも結局のところ、エピの盛り込み方が
原因かと思わざるを得ないんだよね・・・?

結局最後の最後まで、物語に入り込めることなく
終わっちゃいましたХХ

ネットの口コミをながし読みしたときに
「テーマが重い」と書いていた方が多かったので
そのあたりは期待していたんだけど
確かに重いテーマを扱っているはずなのに
ぜんぜんその重さが画面から伝わってこなかった?

なんでこんなに肌が合わなかったんだろ


結論としていえることは

「原作は面白いだろうな???

映画ではカットされたエピを読むことで
登場人物達に深みが増し、
また小説の方がうまく場面転換してくれて
もっと入り込んで読める気がするんだけど

どうでしょ?

いつになるかわからないけど
絶対、原作読も~っと

      

以下ネタバレ



さっきも書いたけど
主人公2人が抱える「孤独の魂」の描き方が物足りない?

殺人を犯した祐一がなぜ光代と逃げようと思ったのか
なぜ光代は自首しようとした祐一を留めて、逃避行を続けたのか

他人には理解できないこの行動を
2人が抱える過去と2人の出会いをもっと丁寧に描けば、
孤独な魂を埋め合うとか、心の奥底の部分で求め合うとか
「絶望的な愛に身を焦がす」2人の関係の重苦しさ、切なさが
もっと伝わってきたと思うんだよね・・・

2人の出会いまでのエピソードはほんとあっさり

メールのやりとりの中で、やがて逃避行の舞台となる
灯台の話で盛り上がったというエピソードはもっと欲しかったところ


房枝がSF商法の相手に騙される話なんて要らないから
その分主人公の2人に注いでやって~

ちなみ房枝が騙された件は
消費生活センターで特定商取引法によるクーリング・オフで済む話

それにだいたいなんであんなに生活に苦労している房枝が
なんで現金23万円なんて持ち歩いているの?

てっきり信販契約で代金未払いかと思ったら、領収書になってるし・・・
描き方が雑すぎ!っていうか、雑なぐらいなら省いた方がまだマシ?a?

なんでこんなエピに時間を割いているのか不思議でした
(でもここでも樹木希林さんの演技は素晴らしい??

あと祐一がお母さんに捨てられたというエピソード

ここはせっかく余さんを起用するんだったら
もうちょっとお母さん側の事情を描けば良かったのに・・・
そうすればより祐一の孤独感も増していたかと

雑と言えば、この事件の捜査方法

この映画は刑事モノではないから
そのあたりは勘弁してあげてもいいんだけど
「深夜ひとけのない山道に女を置き去りにしてきただけで、殺してはいません。」
という増尾の自白をなんでそんな簡単に警察は信じるの?

祐一が現場にいた証拠でも出てきた?

あと月9ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」と同様
役に恵まれていない永山絢斗くん

彼の一番の見せ場だったはずのテーブルのガラスを叩き割るシーン

ここも余韻残す前にぱっと場面が切り替わり
見せ場が見せ場にならず?

永山君のシーンはほんとは良いエピではあるんだけど
もっと時間をとるべきシーンは他にあるからa?

場面転換といえば
房枝が孫の祐一から贈られたというスカーフを手にとるシーン

とても重要なエピだけど、なんであの唐突に出てくるの?

めっちゃ不自然?


あと娘が殺されるきっかけをつくったのは大学生だけど
やはり実際に娘を手をかけた犯人に対する怒りの方が強いと思うのに
父親が犯人に対して向ける感情が一切描かれてないの

おかしくない?

とにかくシーンの組立の雑さが目についちゃいました

原作の中からどこを取り出し、どこを削ぐか

映画化にあたってはそこが一番難しいとこなんだろうけど
原作未読であるけれど
どうも失敗しているような気がするんだよねa

あと演出方法もなんだかな・・・

「感動した!」という感想の多いバスの運転手の一言
マスコミを悪く描く典型的手法に萎え

逮捕直前に見せた”祐一の光代への愛情&優しさ”ゆえの首締めシーンも
先に述べた2人の結びつきの強さが描き切れてない分
いまひとつ感動できずa?

光代が最後に被害者の父親の姿をみて

”どんな理由があるにせよ、人の命を奪った祐一は「悪人」なのである”

と改めて心に刻んでくれてればいいんだけど、どうなのかな~?

タクシーの運転手の方が無神経で嫌な奴、的に描かれていたもんね

佳乃が叫んだ唐突に叫んだ「人殺し!」という台詞も気になるし・・・
もしかして彼は連続殺人犯?

で、一番気になったのは、なぜ佳乃の殺人現場に
祖母・房枝が祐一から贈られたスカーフが結ばれていたかということ

房枝が被害者への謝罪の気持ちから現場を訪れるというのはわかるとして
被害者やその家族の気持ちを思えば
たとえそれが祐一から贈られたものであるということはばれないとはいえ
被害者への弔いの品が並ぶ中になぜわざわざ
加害者縁(ゆかり)の品を置いていくのはおかしくない??

犯罪者となった祐一への想いとかなんとかなら
あまりに無神経すぎですぞ、房枝さん

ああ、やっぱり原作読まなきゃΡ


こんな感じで見ていたもので
映画館の帰りに考えていたことといえば

悪徳大学生増尾が乗っていた車が、うちの愛車と同じで
これじゃまるでうちの車が「悪人車」と思われてしまうのではないか?a?

とか

でも大好きな岡田将生くんが運転していたんだから、ま、いいか?

とか

岡田くんの長い足が繰り出すキック力はすごいな~
父娘に対して同じような蹴りをいれて、同じように転倒させてたよな?

とか

すごいしょうもないことばかりa?

ま、無料チケットで見た映画なので、もうこれ以上は言いません

とにかく世間ではほんと評判が良いので
ひねくれ感想は気にしないでね




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

コメント

Re:『悪人』(09/29)

深津絵里が最初ゴールデンタイムのドラマに出た時

いいなと言ったら友達にバカにされたけど今となっては

俺見る目あったな~と思います。

おはようございます

この映画も見てみたいな~~



機内映画も結局はろくに何も見ませんでした(-。-) ボソッ



こんにちは♪。

トラックバック&コメント、ありがとうございました(^^)。



映画の内容:とっても詳しく覚えてらっしゃいますね。



悪徳商法の強引な契約要求の際、おばあちゃんが持っている領収書に「何で領収書且つ現金払いできてるの?契約書控じゃないの?。」と、私も静かに突っ込みました。



佳乃のお父さんの増尾への憎悪については…。

どうして祐一に向けてではないのか?謎だったんですが、娘が好きになった人が山奥で車から蹴り出したりしなければ、娘が殺される事も無かった筈なのに。

又、娘の愛をむげにした増尾の冷たさが許せなかったのかなぁ。。。と。

私も原作はまだ読めていないので、なんとも言えませんが。。。



>配役がはまりすぎてしまっている



本当に。粛々と静かに進んでいくストーリーでした。

役者さん達、皆さん、お上手でしたよね。

この役の妻夫木君、すてきだなぁ☆と思いました。

こんばんは

TB&コメどうもです。

この映画に深く感動した口ですが、主人公二人の間にあるのは所謂男女の愛ではないですね。

それよりも、孤独な世界で自己存在の根幹の部分をお互い再確認しあう様な、情念のつながりという気がします。

このあたりは、確かにもっと詳細に描いた方がわかりやすいのは確かですが、私は象徴性の表現こそ極めて映画的であると思っているので、今回はこれでよしと思いました。

Re:『悪人』(09/29)

ダンナが家に持って帰ってきた日本の新聞にこの映画の美術担当(だったと思う)の方の特集があって少し興味を持ったんですがね・・・飛行機でやってたら見ようかなーなんて。



でも今は「あはは!」と脳みそを空っぽにして笑える映画が見たいかも。

住んでるだけでストレスがたまる国なもので(-。-)はー

Re:『悪人』(09/29)

「うぬぼれ」と「熱海」喪失シンドロームから立ち直れないくうです~(; ;)



「悪人」見たけど、まだ感想書いてない(-_-;)

(そんなんばっかで映画の方はもう溜まりまくってます^^;)



私もね。。。共感できないクチでしたわ。

2人の孤独を描くと言うか。。。勝手な人たちの勝手な行動を描いて

周囲に迷惑振りまいてるとしか見えなかった。



深津っちゃんは大好きな女優さんですが、賞取るほどかな。。。

と言うのが正直な感想。

私だったら、あの映画を見て賞を出すなら樹木希林さんに出すけど~^^;

あの映画の中で唯一、樹木希林さんと柄本さんの立場にだけ涙した。

そりゃ母親目線だったからかも知れないけれども。

若いもんたちの方は、あんな事やってりゃ殺されるのも

当たり前だし、殺したら裁かれるのも当たり前だし。

どうも、あまり深いと思えない映画でした。

あ、バスの運転手には私は共感したよ^^

モロさん、カッコい~と思ったわo(>▽<)o



いやっ。Eurekaさんの所にこんなにコメントできるんだったら、

自分のレビューも書けるじゃん、と今思ったo(>▽<)o

真面目に書こう。。。

Re:『悪人』(09/29)

なるほど~

「無料チケット」だからこそ、感じたままに素直な印象が言えるのかも~?(^^)



月9の、ええ、思い出しました~

妻夫木くんは、年より若く見え、表情も基本ニコニコ顔なので、年上女性との組み合わせだと、なんか、ん!?て感じに思いました~

オレンジデイズが良かった!(^^ゞ



この映画は、特に見ようとは思っていなかったけれど、うん、この二人に「愛が見えない」ってのは強く同意します~



妻夫木くんの演技に絞って「新境地」ってのは、どうでした?

日本人からすると、これまでの作品での演技や組み合わせをイメージしながら見ちゃうけど、外国人から見たら違和感なく見えたってことでしょうかね?(^_^;)



Re:『悪人』(09/29)

いま、見たい映画はたくさんあるけど、なんだか出掛ける元気なし。

歳か?

この映画 あたしには妻夫木聡の金髪が違和感ありすぎでがっくりくる。(笑)

辛口^^

不評の映像のつなぎ方、どんななんだろう?

ある意味、その辺りが気になります(^m^ )



DVDになったら、観てみますのでネタバレは読みませんでした。

再び訪れますね(^_-)-☆

はじめまして

当ブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。



同じ、映画を観てつまらなかった派ですね。

そうも、シラけたというか、のめりこめなかったというか。

妻夫木の金髪も似合わなかった。



原作は、もっと入り込めるのでしょうか?

読んだ折には、感想聞かせてくださいね。



話変わりますが、旅行が好きなんですね?

じつは、こわいブログといいながら、うちのブログにも海外に行ったときの、写真日記なんて掲載しています。

ブログの右の【番外編】旅行記に掲載しています。

悪人

この度はご訪問ありがとうございました。

Re[1]:『悪人』(09/29)

まるちゃん こんばんは♪



>深津絵里が最初ゴールデンタイムのドラマに出た時

>いいなと言ったら友達にバカにされたけど今となっては

>俺見る目あったな~と思います。



最初のドラマって何なに?

で、まるちゃんの今お気に入りの若手さんはだれだれ?



ふかっちゃんは「恋のチカラ」っていう堤真一と共演したラブドラマが好き♪

あと「きらきらひかる」も☆

今度同じ原作者のドラマが深夜枠ではじまるから楽しみなんだ♪

Re:おはようございます(09/29)

bali★toshiさん こんばんは♪



>この映画も見てみたいな~~



好評なのでまだやってますよ~

toshiさんはお仕事が忙しいけど

お仕事帰りに映画、は無理なのかな



>機内映画も結局はろくに何も見ませんでした(-。-) ボソッ



寝ていたんですか?それとも他に何か面白いことが!?

あとでまたバリ日記まとめよみしにいきます!

Re:こんにちは♪。(09/29)

みぃみさん こんばんは♪



>トラックバック&コメント、ありがとうございました(^^)。



こちらこそ、ありがとうございます♪



>映画の内容:とっても詳しく覚えてらっしゃいますね。

>悪徳商法の強引な契約要求の際、おばあちゃんが持っている領収書に「何で領収書且つ現金払いできてるの?契約書控じゃないの?。」と、私も静かに突っ込みました。



主人公の事件とは直接関係無いわりには

けっこう時間さいてましたよね・・

監督は入れたくなかったという話を耳にして

やっぱりカットしても良かったエピだと思いました



>佳乃のお父さんの増尾への憎悪については…。

>どうして祐一に向けてではないのか?謎だったんですが、娘が好きになった人が山奥で車から蹴り出したりしなければ、娘が殺される事も無かった筈なのに。

>又、娘の愛をむげにした増尾の冷たさが許せなかったのかなぁ。。。と。

>私も原作はまだ読めていないので、なんとも言えませんが。。。



確かにそれはそうだと思うし、気持ちも分かるんですが

映画全体で祐一への気持ちを語るシーンがひとつもないっていうのはなんか不自然な気がして・・・



原作では何かしら祐一への心情が語られていると期待したいと思います



>>配役がはまりすぎてしまっている

>本当に。粛々と静かに進んでいくストーリーでした。

>役者さん達、皆さん、お上手でしたよね。

>この役の妻夫木君、すてきだなぁ☆と思いました。



思っていた以上に妻夫木くんは頑張ってましたよね~

ただそれだけに、こういう感想をかかざるをえなかったのが

ほんとに残念でした

Re:こんばんは(09/29)

ノラネコさん こんばんは♪



>TB&コメどうもです。



こちらこそ、ありがとうございます<(_ _*)> アリガトォ



>この映画に深く感動した口ですが、主人公二人の間にあるのは所謂男女の愛ではないですね。

>それよりも、孤独な世界で自己存在の根幹の部分をお互い再確認しあう様な、情念のつながりという気がします。

>このあたりは、確かにもっと詳細に描いた方がわかりやすいのは確かですが、私は象徴性の表現こそ極めて映画的であると思っているので、今回はこれでよしと思いました。



スキスキという愛情とは別な分だけ

月9とは違う2人を見られるかと思ったんですが

たしかに違うんですけど、期待したものとも違ってました



余計なシーンが多いわりに、2人の出会いをあの程度で留めたいとおもうのかがよくわからないので、原作でじっくり楽しみたいと思います

Re[1]:『悪人』(09/29)

snowshoe-hareさん こんばんは♪



>ダンナが家に持って帰ってきた日本の新聞にこの映画の美術担当(だったと思う)の方の特集があって少し興味を持ったんですがね・・・飛行機でやってたら見ようかなーなんて。



美術というとあの灯台を造った人のことなんでしょうか?

飛行機でタダ見できるなら、全然OK!

ただ見ていて明るい気持ちにはならないし、139分という長編なので、機中だと飽きてくるかも(笑)





>でも今は「あはは!」と脳みそを空っぽにして笑える映画が見たいかも。

>住んでるだけでストレスがたまる国なもので(-。-)はー



ですよね~!<笑える映画

いまやってる映画でなにがあるかな~_

笑えないけど、十三人の刺客はストレス発散になるかも!?

Re[1]:『悪人』(09/29)

くうふう3さん こんばんは♪



>「うぬぼれ」と「熱海」喪失シンドロームから立ち直れないくうです~(; ;)



充実の金曜日でしたもんね~

熱海は全話録画してあるのでたまにみてます♪

うぬぼれダンスもたまに踊ってま~す(爆)



>「悪人」見たけど、まだ感想書いてない(-_-;)

>(そんなんばっかで映画の方はもう溜まりまくってます^^;)



あたしも見た映画の感想、全然書いてないですよ~って

旅日記すら書けてないんですけど(^▽^;)

くぅさんの最近のお勧めはなんですか?



>私もね。。。共感できないクチでしたわ。

>深津っちゃんは大好きな女優さんですが、賞取るほどかな。。。

>と言うのが正直な感想。

>私だったら、あの映画を見て賞を出すなら樹木希林さんに出すけど~^^;



そうそう、深っちゃんの演技を見慣れている日本人としては

特別なものって感じには見えなかったですよね



樹木さんのワンシーン、ワンシーンの演技は圧倒的なんですが

樹木さんに関するエピソードは全体の中では不要にみえちゃうんですよね・・・





>あ、バスの運転手には私は共感したよ^^

>モロさん、カッコい~と思ったわo(>▽<)o



あたしは全く涙しませんでした・・・・

とにかく冒頭があっさりしすぎていたせいで

ちっとも心情的にはいりこめなくて・・・・

ストーリーはわりとよくありがちな展開じゃないですか~

なので、もっと心情的に盛り上げてくれないとやっぱりね・・・



原作を読んで、涙しよっかな(笑)



>真面目に書こう。。。



またくぅさんの感想がアップされたらお伺いしま~す♪

Re[1]:『悪人』(09/29)

うずまき2号さん こんばんは♪



>なるほど~

>「無料チケット」だからこそ、感じたままに素直な印象が言えるのかも~?(^^)



いやこれがもし有料で見ていたら、もっと怒りというか

余計辛辣になっていたかと思いますよ・・・

好評な映画だけに、逆にブログアップしなかったかも(^▽^;)



>月9の、ええ、思い出しました~

>妻夫木くんは、年より若く見え、表情も基本ニコニコ顔なので、年上女性との組み合わせだと、なんか、ん!?て感じに思いました~

>オレンジデイズが良かった!(^^ゞ



そうそう、コウちゃんとの組み合わせは良かったよね♪

リアル恋人同士という関係を築いたわけだしね(笑)



>この映画は、特に見ようとは思っていなかったけれど、うん、この二人に「愛が見えない」ってのは強く同意します~



ありがとうございま~す(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

他の人の感想をみてまわっても、さすがに同意見の方はいなくって・・・

うずまきさんもそうだけど、愛が見えない派の人は

この映画見に行かないですよね、きっと(笑)



>妻夫木くんの演技に絞って「新境地」ってのは、どうでした?



かなり頑張っていたと思いますよ

それは感じ取れました



が、



やはり相手が深っちゃんなんでね・・・

どっちが先にキャスティングが決まったのかわからないですが、別の組み合わせで見てみたかったかも

Re[1]:『悪人』(09/29)

an samansaさん こんばんは♪



>いま、見たい映画はたくさんあるけど、なんだか出掛ける元気なし。

>歳か?



そういうときはおうちでDVDでもいかがですか?。(*^▽^*)

結構見逃している映画ってありません?

明日、時間があえば十三人の刺客を見に行こうかなって思ってます♪





>この映画 あたしには妻夫木聡の金髪が違和感ありすぎでがっくりくる。(笑)



そうそう、ものすご~く違和感あります(^▽^;)

ただその点だけは一生懸命我慢してみてました

原作の設定が金髪だったんでしょうかね~?

別に金髪にする必要のない役なのに、なぜ???

Re:辛口^^(09/29)

☆オレンジピール☆さん こんばんは♪



>不評の映像のつなぎ方、どんななんだろう?

>ある意味、その辺りが気になります(^m^ )



他の方でこの点を指摘された方はいないので

まるっきり個人的な好みなのかもしれません(^▽^;)

先入観をもってみてもらうのは良くないと思うんですが

でもスカーフのエピソードが出てくるシーンと

増尾の友人がガラステーブルを叩き割るシーンはがっくし



>DVDになったら、観てみますのでネタバレは読みませんでした。

>再び訪れますね(^_-)-☆



圧倒的に評判の良い作品なので、気に入る確率のほうがたかいと思いますが、また見たら感想教えてくださいね♪

Re:はじめまして(09/29)

とらさん こんばんは♪



>当ブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。



こちらこそ、コメント&TBありがとうございます



>同じ、映画を観てつまらなかった派ですね。

>そうも、シラけたというか、のめりこめなかったというか。

>妻夫木の金髪も似合わなかった。



原作は未読ですが、あの祐一という役は金髪じゃないといけない理由は何一つないですよね?

抜け出せない現実に対する反抗心の象徴、みたいな感じ

ぐらいにしか受け取れなかったんですけど・・・

映画のよしあしを金髪のせいにしてはいかん!とそこはぐっと堪えました(爆)



>原作は、もっと入り込めるのでしょうか?

>読んだ折には、感想聞かせてくださいね。



はいまたそのときはよろしくお願いします♪



>話変わりますが、旅行が好きなんですね?

>じつは、こわいブログといいながら、うちのブログにも海外に行ったときの、写真日記なんて掲載しています。

>ブログの右の【番外編】旅行記に掲載しています。



拝見させていただきました♪

アメリカ本国への旅が多いのですね!

そこそこ海外旅行はしているんですが未だ未踏の地なんですよ(^▽^;)



映画ネタはあまりアップしてないんですが

実はホラー映画大好きなんです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

なので、改めてまたお邪魔しちゃいますね☆





Re:悪人(09/29)

mossanさん こんばんは♪



>この度はご訪問ありがとうございました。



こちらこそ、コメント&TBありがとうございました

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。