FC2ブログ
アナログ時計(黒)
プロフィール

*Eureka*

Author:*Eureka*
旅日記をのんびりと綴っています

映画、ドラマの話もチラホラ

要するに気まぐれBlog

なのでお気軽にお立ち寄り下さいませ

最新記事
最新コメント
管理人へのお便り
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

月別アーカイブ
クラシック演奏会
カテゴリ
遊びに来てくれた人
いま遊びに来てくれてる人
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エーゲ海とトロイの木馬-The Rush in Turkey vol.24-

旅程表が届いて
この日の宿泊先がわかったので
ホテルのことをネットで調べてみたら
ここから見る朝日がとてもキレイとのこと 

エーゲ海に面してるホテルってことは
エーゲ海にのぼる朝日が見られるの?

エーゲ海”っていう言葉だけで
なんか特別なもののような気がしちゃって
早起き頑張ろう!って気持ちになっちゃったんだ

で、Zと2人、朝暗いうちに起き出して
ホテルのビーチへ

しばらく待っていたら、ほら空がだんだん・・・ 

エーゲ海の夜明け 

ほぉ~

思わずため息のでる景色が目の前に

残念ながら朝日がのぼるというより
朝焼けを眺める、って感じになっちゃったけど
それはそれでまた美しい景色に出逢えたってことには変わりないわけで・・・

誰も(正確にいうと野良ニャンコちゃんと一緒)いない浜辺で
エーゲ海の朝焼けに”魅せられて”いました
(ジュディ・オングじゃないよ)

朝焼けが消え、空が青々としてきたところで
朝食タイム

トルコの朝バイキング 
ほんと毎朝、毎晩、ゴーセイなビュッフェスタイルの食事で
嬉しいのやら、お腹苦しいのやら 
 
ただこれまで割と”宴会場”って感じのお部屋が続いてたんだけど
今回のレストランはご覧のように陽が燦々と射し込み
とっても明るいの

やっぱりエーゲ海にあるホテルは
リゾート感があっていいな~

トルコの朝ごはん 

しかもこの日は本当に朝ゆっくりだったので
食事タイムもの~んびり

食後、プールの方へ散策にでかけると
そこにはた~~~っくさんのニャンコたちが

他の宿泊客の様子を見てたら
ニャンコたちはお客がわけてくれる
ホテルの朝食に並ぶ、パンやおかずがお目当てのよう

というわけで、いけないとは思いつつ
あたしたちもニャンコに餌をあげてしまいました

とにかくたくさんいるので
まんべんなくあげたいと思いつつ
どこにでも積極的な子はいるわけで・・・

ごはん頂戴! 
びよ~ん

ニャンコ仲間のなかにいて、ひときわ自分をアピール

でもどの子もとっても可愛いんだ~
ほんとはもっともっとたくさん写真を載せたいとこだけど
続きがあるのでこの1枚だけ

ニャンコたちと遊んだ後は荷造りのためにお部屋に

エーゲ海の日射し

部屋のテラスから眺めるエーゲ海

この日もとってもお天気が良くて気持ちいい~!

右下に見えるのがプール
さすがにこの時期は誰も泳いでないけど

お部屋によってはこの眺望は得られないらしく
今回はいいお部屋を添乗員さんがあたし達に割り振ってくれました

ありがと、添乗員さん

あ、そうそう、今回泊まった宿の名前
書いておかなきゃね

その名は
グランド・テミゼル 
”グランド・テミゼル”

団体ツアーではお馴染みのホテル
これはホテルを後にして、道路側から撮った写真

外観はなんとも特徴のない建物

でも反対側にはエーゲ海が待っているので
それほどがっかりしないでね

さて今日のメインイベントに向かう前に
バスが立ち寄ったのは
オリーブ商品の専門店

この辺りはオリーブが特産品とあって
オリーブ製品もたくさん売られいるの

トルコのオリーブ製品屋さん

こちらのお店はふつうのお土産やさんよりも
オリーブ製品が充実していてしかもパッケージがオシャレ

多少お値段は高かったけど
バラでもセットでも買えるので
またまたツアーのみなさんとまとめ買いして
ちょっぴりお得になりました

お店もオシャレだけど
このお店を営んでいる家族がまた素敵

トルコの素敵な家族

美しい奥様と2人のお嬢さん、そして黒サングラスがいかついお父さん

女性のみなさんがおきれいなのは
オリーブ石鹸やオリーブオイルをふんだんに使った
お料理を召し上がっているからかしら?


お店を後にしてしばらく走ったところで
ランチタイム

当初予定していたレストランから変更になったって
事前に案内があったけど、大丈夫かな?

スープと魚料理 
スープとお魚のムニエル

外国に行くとスープ大好き人間になっちゃう♪
お魚のムニエルも日本で食べるのに似てるので食べやすかったよ

トルココーヒーとケーキ 
コーヒーにケーキ

トルココーヒーの苦みが甘~いトルコ風ケーキに合うね

ここはこじんまりしたホテルのレストランなんだけど
このホテルで見つけた面白いものがコレ


おかしなポスター

ホテル内にあるマッサージの案内版

ニャンコの肉球でモミモミされたら気持ちいいだろうな~
うず高く巻かれた黄色いタオルの中身は一体

ランチも終えて、向かったのが本日の観光のメインポイント

トロイ遺跡

ホメロスの詩「イリアス」に出てくる伝説上の都市と
信じられていたトロイ
だけどそれが実在すると信じて
私財をなげうって発掘を続け、1870年に発見したのが
ドイツの考古学者シュリーマン
 
世界史の授業で出てくるほど有名なお話ですが覚えてます?

トロイの遺跡1 
石積みの住居跡が残っているのは他と遺跡と似てるけど
実はトロイはある面白い特徴があるんだ

トロイの遺跡の成り立ち 
↑の解説図でわかるかな?
同じ場所で繁栄を衰退を繰り返したため
9つの時代の都市層が重なりあっているの

それとシュリーマンが発見した財宝は
いまもその行方がわからないんだって

面白いね

トロイの遺跡2 


トロイの遺跡3 

このように深く深く丁寧に掘り出された遺跡の数々

でもトロイと聞いて真っ先に思い浮かぶのは

トロイの木馬

なんじゃないかな?

ギリシャのスパルタの王妃ヘレネとトロイアの王子パリスの略奪愛
スパルタ王の怒りは凄まじく
トロイアを攻め滅ぼすためにスパルタ軍がとった秘策が
巨大な木馬に自軍の兵を忍ばせ
トロイアが木馬ごと自国内に持ち込んだところで
木馬内の兵士が夜襲をかけるというもの

詳しいストーリーを知りたい方は
ブラッド・ピット主演の映画(その名も「トロイ」)をみてくださいな

戦争の道具となった木馬だけに 、現存しているわけがないんだけど
やっぱり観光客にとっては一番頭に浮かぶのが木馬なので

トロイの木馬 
作っちゃいました

トロイの木馬2

ほら、こうして中にだって入れるんだよ~

外から階段であがると中は2階建て

とても何十人もの兵士が隠れられるような広さではないけど
なんちゃって、トロイア戦争気分

実はこの写真の中にあたしが写っているんだけど
わかるかな

こうした客寄せ的に作られた物については
賛否両論あると思うけど
でも一番トロイのイメージとして強いものを
作りたいっていう気持ちもわかるし
観光客にとっても
これはこれで楽しめるのでは?

ちょっとイメージとしては”軽い”感じもするけどね

ここトロイの木馬も他の観光スポットと同様
ニャンコたちのたまり場

どの子を撮ろうかな~ってカメラ構えていたら

会員番号6番

どん!

突然カメラをのぞき込んできた
お茶目なニャンコ

手ブレも起きず、偶然の一枚が撮れました

kara1_ms3.gif kara1_ms2.gif






テーマ: トルコ旅行
ジャンル: 旅行

タグ: 海外旅行 トルコ 古代都市 遺跡 トロイア トロイ トロイの木馬 エーゲ海

コメント

早起きは三文の徳ですね~♪
朝日の写真がとっても素敵です☆
こんな所でゆっくりできたら天国ですよね!

すすごいですね。
トロイの木馬って、本当にあるんだ~
何?作っちゃったの?

豪華な朝食~
ま、朝日は、これはこれでOKだよね。

マッサージの看板、可愛いですね。
笑ってしまいました(*^-^)ノ

トロイの木馬、イメージより小さいですが
それはそれで楽しめそうですね。
上段から顔出しているのが、そうですか??


映画『トロイ』は観ましたよ。プラピの肉体がすごすぎて、お猿さんに見えちゃいました。
オーリーの役が情けなかった(゜-Å)

木馬♪

海から見る夜明けっていいですねー。
トロイ遺跡は行った事がないので興味津々です!
9重の都市だったとは・・・よっぽど街を造るのに良い土地だったんでしょうね。

木馬が思ったよりも小さくて「あら?」と思ってしまいましたv-12。トロイ戦争当時は相当大きな物を持って行ったんでしょうね(でも運ぶの大変そう)。

Re: タイトルなし

ヴィーナさん こんばんは♪

> 早起きは三文の徳ですね~♪
> 朝日の写真がとっても素敵です☆
> こんな所でゆっくりできたら天国ですよね!

ダーとの旅だとなかなか早起きは難しいんですが
今回は友達との旅だったので早起きできました♪
この日ゆっくりできたのは良かったです
毎日毎日朝バタバタとホテルを去っていくっていうのも
おちつかないですもんね。(*^▽^*)

Re: タイトルなし

もも姫ママさん こんばんは♪

> すすごいですね。
> トロイの木馬って、本当にあるんだ~
> 何?作っちゃったの?

そうみたいです(笑)
これっていう目玉が欲しかったんでしょうね~
こないだのエフェスのような大きな遺跡が残っていない分
こうしたものがあるほうが楽しめるって思ったんじゃないかな~?

> 豪華な朝食~
> ま、朝日は、これはこれでOKだよね。

この朝焼けでも充分早起きの甲斐はあったと思います☆
どうせバスの中でまた寝られるし(笑)
朝ご飯、毎朝こんな感じなのでお腹もたれまくってましたよ(^▽^;)

Re: タイトルなし

オレンジピールさん こんばんは♪

> マッサージの看板、可愛いですね。
> 笑ってしまいました(*^-^)ノ

でしょ~?(笑)
なんともリラックスしたニャンコの顔がたまりません(爆)
やっぱりトルコの人はワンコよりもニャンコが好きみたい
道端で出会うのもニャンコさんのほうが多いしね


> トロイの木馬、イメージより小さいですが
> それはそれで楽しめそうですね。
> 上段から顔出しているのが、そうですか??

正解~!!
確かにあの物語から考えるとこれでは小さすぎですよね(^▽^;)
実際の大きさに関しての資料って残ってるんでしょうか?
とりあえず観光客を楽しませるために作られたものでしょうから
これぐらいの「なんちゃって木馬」でいいんでしょうね(笑)


> 映画『トロイ』は観ましたよ。プラピの肉体がすごすぎて、お猿さんに見えちゃいました。
> オーリーの役が情けなかった(゜-Å)

ははは(爆)<オーリー
ほんとほんと、おまえさんのせいでとんでもないことになったのに
あのテイタラク(爆)
一国の王子としての自覚、まるでないですね(爆)
いっちゃわるいけど、恋愛一つで国が滅びるって
おとぎ話のようで信じられないですよね~
えらいぞ、シュリーマン!!

Re: 木馬♪

snowshoe-hareさん こんばんは♪

> 海から見る夜明けっていいですねー。

トルコではアンカラエキスプレスで陸路での朝焼けを
ここでは海の朝焼けをみることができて、かなり恵まれていたと思います♪
ダーがいたら、こんなに早起き出来なかったんでしょうけどね(笑)

> トロイ遺跡は行った事がないので興味津々です!
> 9重の都市だったとは・・・よっぽど街を造るのに良い土地だったんでしょうね。

逆になんでそれほどの場所が簡単に衰退してしまうのか不思議でした
繁栄しているからこそ、権力者が変わればそこを滅ぼそうとしたんですかね~?
また機会があれば調べてみようと思います

> 木馬が思ったよりも小さくて「あら?」と思ってしまいましたv-12。トロイ戦争当時は相当大きな物を持って行ったんでしょうね(でも運ぶの大変そう)。

夜襲をかけて決定的なダメージを与えようと考えていたのですから
それなりの兵士の数が収容できる木馬だったと思うんですよ
それとも中はすし詰め状態だったんでしょうか?(爆)
敵の置き土産であれば、もうちょっと慎重に運びこむべきでしたよね
ま、大帝国の王妃をかっさらっちゃうようなおバカ王子の国だから仕方ないか
っていったらトロイの人に怒られちゃいますね(笑)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。