FC2ブログ
アナログ時計(黒)
プロフィール

*Eureka*

Author:*Eureka*
旅日記をのんびりと綴っています

映画、ドラマの話もチラホラ

要するに気まぐれBlog

なのでお気軽にお立ち寄り下さいませ

最新記事
最新コメント
管理人へのお便り
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

月別アーカイブ
クラシック演奏会
カテゴリ
遊びに来てくれた人
いま遊びに来てくれてる人
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の子にはわかるまい!-The Rush in Turkey vol.23-

慌ただしかったエフェスの遺跡観光だったけど
どうしても撮りたくて、撮りたくて仕方がなかったのが

古代遺跡のニャンコ達

この子達

遺跡にはニャンコがよく似合う

って誰がいったかしらないけれど
ほんとあちこちで気ままに過ごすにゃんこ

特に観光客たちがエサをあげてるわけでもないし
また観光客もかまうこともないし
ただただ自然にこの風景に溶け込んでいる様子がなんとも可愛くて
忙しいあいまでも、ついカメラを向けたくなっちゃうんだ

とまあ、こんな感じでエフェス観光は終了

さて今度こそホテルへGO


移動のバスでは、席が余ってることもあって
いつも最後部窓側に1人で座っていたあたし

景色も単調で飽きてきたな~って思いながら窓から外をみてると
隣のレーンを走っていたのが若い男の子達の集団

よそ見運転はだめよ

ちょうど目があって、なにやらこっちに向かって笑顔ふりまいて
友達同士でなにやら話している様子

で、あたしも手を振って、カメラ向けて愛想振りまいてたら
この後部座席の男の子達が運転席と助手席の友達にも声かけて
彼らまでがこっちみてニコニコと手を振りだしたの 

いったい何話しているんだか

こっちみて楽しそうにしている彼らの様子を微笑ましく見ていた・・・

と、その瞬間、彼らの前を走っていた車がスピード落としたものだから
運転手さん大慌て!

あやうく彼らの車がオカマほるところでした

へたしたらこっちまで巻き沿い事故?

ちゃんと前見て運転しようね


さてバスが次に泊まったのはシリンジェという小さな村

特に何か名所があるわけではないんだけど
トルコの素敵な村”っていうことで立ち寄るらしい の

村を散策してみてね、というので
とりあえずバスをおりてブラブラすることに

小さな村のワインショップ

ここがワインショップ

小さな村のお酒やさん

ワインの他にオリーブオイルなんかも売ってます

これなんの店?

写真にとったけど、この容器に入ったものがなんだったのか
すっかり忘れちゃった

お酒屋さんのお兄さん 
こちらのお兄さんからは1杯ごちそうになっちゃっいました
すご~く優しそうな方で、カウンターの中にお邪魔して
いろいろ見せて貰っちゃいました

お味は・・・お酒オンチだから覚えてないよ~

トルコのオリーブ石鹸 
オリーブ石鹸も売ってます

たしかに何がどうというわけでもない村だけど
これまで”遺跡!””土産物屋!”みたいなとこばかり
立ち寄っていたので、こういう”村”というのはちょっと新鮮

ただブラブラするっていうのも悪くはないかな

でもみんな疲れていたのか、バスを降りたところから
あまり歩こうと思わなかったみたい

なのでほんと歩いていても、村の人もいないし
なんとも静かなところでした

こんな感じでほんとうならただの印象薄い村、ぐらいの
想い出になるはずだったんだけど

お兄ちゃん、大好き 
この1枚の写真があるからそうじゃないの

たぶん兄妹だと思うんだけど
この妹ちゃんがとっても愛嬌があってカワイイ~

物静かで優しいお兄ちゃんといたずらっ子な妹

ほのぼのとするこの写真を見るたびに
トルコの小さな村のことを思い出します


さて、日もそろそろ暮れてきて
今度こそ本当にホテルに向かうと思ったら

格安ツアーはそれを許してくれませんでした

なんと今日2回目となる、買い物タイム

今度は「トルコ石」のお店

トルコでは「トルコ石」は採れないと言われてるぐらい
品質がしっかりしたものを買うのは難しいって聞いていたので
興味はなかったんだけど
とりあえずお店にはいらないわけにはいかず

でもこの時、あたしの身体に異変が・・・

はい、ここから男子立ち入り禁止コーナー



な~んかバスに乗っている時から変だな~って思っていたんだけど
お店に着いてトイレに行って確信

あの月イチのつらーいものが始まってしまってたんだよね

予定では日本に帰国してからのはずだったのに・・・

旅先では大幅に狂うこともあるってきいてたけど
今回、全く用意してきてなかったんだ

で、これが町中中心の観光ツアーなら
どこかスーパーか薬局で手に入れればいいんだろうけど
ここは周りにそんなお店も街もなく、寂しい土地

Zも持ってないっていうし
女性の添乗員さんだったので、もしかしたらと思ったけど
添乗員さんも持っていないというし・・・

かといって、他のお客さんもいるのでバスを出すわけにもいかず・・・

お腹は痛いは、対処のすべがなくて不安になるわで
気分は超ブルー

他の女性参加者に聞いてみるしかないかな~って思ったけど
その前にこの旅に同行してくれてる現地のトルコ人女性ガイドさんにHELP!

そしたらこのガイドさん、自分は持ってないけど・・といいつつ
なんとこのお店で働く女性店員さんにお願いしてくれたの

1人の親切な店員さんが手招きしてくれて
なんとかこの事態を無事乗りきれました

この時ほど、ガイドさんが女性で良かった~って思ったことはなかったよ

店員さんへのお礼の気持ちの代わりにトルコ石を買うなんてことは
さすがに出来ないので
本当に申し訳ないけど、精一杯の気持ちを込めてお礼を伝えました
 
買い物タイムが終わって、バスに乗り込んだときは
ほっと一安心
革製品の時ほど買い物タイムは長くなかったので良かった~

この夜のホテルも大型ホテルで
ちゃんと売店も兼ね備えていたので
ここで必要な分だけ買うことが出来ました

あ~、ほんと焦ったよ

こういう経験って女性の方なら結構あったりするのかな?
男の人にはこういう心配わからないよね

まあ、これからはこういう移動型ツアーの時は
備えあれば憂いなしってことで、
ちゃんと用意しておこうと思ったのでした

トルコ旅行の夕ご飯 
トラブルさえ片づけば、食欲も回復

ビュッフェ料理もまたちょっと目先が違うものがあったので
それを中心に食べてみました

トルコのホテル 

お部屋もこの通り、ゆったりした作りなので
リラックスして過ごせて良かった よ

毎回思うけど、10万円のツアーとは思えない立派なホテルばかり

そうそう、この部屋にはベランダがついていたので
お部屋から月を眺めてたんだ

そしたら窓の下で、例の女性ガイドさんが他のツアーに同行している
男性ガイドさんとおしゃべりしていたので声をかけました

この男性ガイドさんも愉快な方だったけど
今回はやっぱり女性ガイドさんで良かったな、とここでも改めて感謝

明日は出発もゆっくりなので朝寝坊しても大丈夫なんだけど
ちょっと目的があって早起きする予定なので
さっさ寝ることにしま~す

kara1_ms3.gif kara1_ms2.gif







テーマ: トルコ旅行
ジャンル: 旅行

タグ: 海外旅行 トルコ トルコ石

コメント

あるある~

何とかなって良かったですねー!ホッとしますよね。

若者たちの車の動きがまるでチュニジア人の若者と同じで笑っちゃいました(君たち、運転中にナンパはやめようよ^^;)。

いい感じの村じゃないですか(^^)私もこういう普通の所(?)が好きです。田舎の子は都会の混みたいにスレてなくてかわいいですね。

こういう時、女性は辛いですよね~
私も以前、お客様に予備を差し上げてしまった後、
自分に必要になって焦ったことがありました。
同僚も予備を持っていたので、助かりました(ホッ)

焦りますね~(^_^;)

でも、なんとなかってよかったですね♪
これホント、旅行日程を決めるうえでも気になる点だけど、環境の変化ってあるのかしらね~?

猫ちゃん、可愛い~
旅先での動物たちは、思い出の1枚に収まってくれると後々まで癒されます~

よかった

こんばんは。
ピンチでしたが、何とか切り抜けられてよかったですね!あせりますよね、わかります…私もうっかりヒヤヒヤ、予想外のタイミングで冷や汗をかくので、会社のロッカーやかばんの隠しポケットに在庫をしのばせておくことにしています。

遺跡のにゃんこ、たまりませんね♪
本当に何ともいえない味があります!

Re: あるある~

snowshoe-hareさん こんばんは♪

> 何とかなって良かったですねー!ホッとしますよね。

ほんとドキドキっていうか、冷や汗ものでした・・・
夜でしかも周り真っ暗なとこにあるお店でしたから手に入れる手段が思い浮かばなくて・・
女性店員さんの多い宝飾店で良かった~(笑)

> 若者たちの車の動きがまるでチュニジア人の若者と同じで笑っちゃいました(君たち、運転中にナンパはやめようよ^^;)。

世の若者の愚かさは世界共通ってことですね(笑)
彼らもだけどもしこちらの観光バスが巻き添えとなったらあたしの美貌はあまりに罪深いってことですね(爆)

> いい感じの村じゃないですか(^^)私もこういう普通の所(?)が好きです。田舎の子は都会の混みたいにスレてなくてかわいいですね。

遺跡巡りのような旅なので、こういうところにも寄って旅のアクセントにしているのかも
こういう企画って日本の旅行会社だけなんでしょうか?
他に観光バスもなく、とってものんびりしてましたよ♪

Re: タイトルなし

ヴィーナさん こんばんは♪

> こういう時、女性は辛いですよね~
> 私も以前、お客様に予備を差し上げてしまった後、
> 自分に必要になって焦ったことがありました。
> 同僚も予備を持っていたので、助かりました(ホッ)

添乗員さんだからといって何もかも持ち合わせているわけでもなく
ご自身が必要になる場面だってありますもんね

これからは念のため、ちゃんと持っていこうと思いました
女子ってこういうとこ面倒ですよね(×_×)

Re: 焦りますね~(^_^;)

うずまきさん こんにちは♪

> でも、なんとなかってよかったですね♪
> これホント、旅行日程を決めるうえでも気になる点だけど、環境の変化ってあるのかしらね~?

ほんと女性店員さんの多いお店でよかった~
絨毯のお店は男性スタッフばかりだったので、あそこだったらヤバかったかも(笑)
女性の身体って繊細ですよね。次回はちゃんと準備していこうと思います

> 猫ちゃん、可愛い~
> 旅先での動物たちは、思い出の1枚に収まってくれると後々まで癒されます~

トルコは本当にニャンコの多い国のようで、観光地やホテルに必ずっていうほどいます♪
同じツアーの女性で、景色や観光地にはほとんど興味を示さず
猫とばかりたわむれている、ちょっと変わった人もいましたよ(笑)

Re: よかった

うっかりさん こんにちは♪

> こんばんは。
> ピンチでしたが、何とか切り抜けられてよかったですね!あせりますよね、わかります…私もうっかりヒヤヒヤ、予想外のタイミングで冷や汗をかくので、会社のロッカーやかばんの隠しポケットに在庫をしのばせておくことにしています。

これってやっぱり女性ならみな同じ様な経験ありますよね
男性にはわからない、この焦り、この苦労!
旅先ではすっきりした気持ちで過ごしたいのですが、こういうこともあるから女性は大変です

> 遺跡のにゃんこ、たまりませんね♪
> 本当に何ともいえない味があります!

にゃんこ好きのうっかりさんにはほんとトルコはお勧めです♪
紹介しきれないほど、たくさんのニャンコさんたちとの出会いがありました☆
次の日記でもまた登場しますよ~♪
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。