FC2ブログ
アナログ時計(黒)
プロフィール

*Eureka*

Author:*Eureka*
旅日記をのんびりと綴っています

映画、ドラマの話もチラホラ

要するに気まぐれBlog

なのでお気軽にお立ち寄り下さいませ

最新記事
最新コメント
管理人へのお便り
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

月別アーカイブ
クラシック演奏会
カテゴリ
遊びに来てくれた人
いま遊びに来てくれてる人
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華だけど優しい雰囲気のメルク修道院

大理石の間

これだけ立派な建物だから大広間もすごいことに
なってるんだろうと想像してたけど
ほんとすごい!

って思ったら、実際に大理石が使われているのは
一部だけのこと
だまし絵にみごとだまされました・・・

大理石の間の天井画

アテナとヘラクレスをモチーフとした
ものだそうです

賢く力強い権力者、みたいなものを
描きたかったのかな?

大理石の間をぬけ、バルコニーへ

メルクの街並みとヴァッハウ渓谷
ドナウ川が眺められます

天気に恵まれてほんと良かった♪

メルク修道院教会

ここへきてまたしても
立派な建物が登場!

メルク修道院が誇る
10万冊の蔵書が収められた図書室


色鮮やかな天井画が描かれています

図書室においてある人形?というか置物

きっと有名な人なんだろうけど、よくわかりません

天井までびっしりと並ぶ本

中世の手書きの書物も多数集められ
写本もおこなわれていたとか

手書きの本の一部が公開されていました

もちろん中身はさっぱりわからないけど
美しいカリグラフィーを見るのが楽しい♪

これは何か道具に関する書物??

図書室から教会への移動は階段で

この手の階段って上からのぞくたびに
目が回りそう

ってのぞかなきゃいいのにね

教会の礼拝堂の天井を飾る
見事なフレスコ画

教会全体が細部にまでわたって
美しい装飾がほどこされています

教会の一角にある聖人の骸骨

骸骨にまできらびやかな装飾が!

教会の祭壇もオルガンも豪華絢爛で
もう言葉になりません

教会というと重苦しい雰囲気もあるけど
ここはほんとにフレスコ画が美しく
また使われている色がパステル調で
外からの差し込む優しい光ともあいまって
とても穏やかな気持ちになれました

豪華絢爛な修道院をでると、
にゃんこがお出迎えしてくれました

そういうばチェコにいるときって
全然にゃんこに出会わなかったかも

この旅の初ニャンコ
こんなに広くて豪華な修道院の中で
きままに過ごしてなんとも贅沢♪

しょぼいカメラでは修道院の美しさを
収められなかったのでポストカードを買いました

同じツアーの方たちも同様に
ポストカードを買う人が多かったんだけど
なぜかみな買う枚数が3枚!

なのでレジのおばさんが面白がって
会計するときに「1枚、2枚、3枚 はい、○○ユーロ」
と繰り返し言ってました(笑)

ザ・バロック様式って感じで
終始、その豪華絢爛さに
圧倒されっぱなしだったメルク修道院

次はいよいよウィーンに入ります

テーマ: ヨーロッパ旅行記
ジャンル: 旅行

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。