FC2ブログ
アナログ時計(黒)
プロフィール

*Eureka*

Author:*Eureka*
旅日記をのんびりと綴っています

映画、ドラマの話もチラホラ

要するに気まぐれBlog

なのでお気軽にお立ち寄り下さいませ

最新記事
最新コメント
管理人へのお便り
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

月別アーカイブ
クラシック演奏会
カテゴリ
遊びに来てくれた人
いま遊びに来てくれてる人
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハ城と聖ヴィート教会-Central Europe Tour vol.5-

プラハ2日目

今日は本格的プラハ観光の日

朝食は各自済ませて
8時半にロビー集合

ということですが
事前に添乗員さんから注意が

プラハで泊まったホテルは
観光客向けの大型ホテルだから
朝、団体客がいっせいに朝食をとり、
エレベーターにのるので大混雑になるとのこと

必ず時間に余裕を持ってくださいね、と念押しされました

でも早めに準備したつもりだったんだけど
ほんと朝食会場となるレストランは大々混雑

日本人だけじゃなく、欧米系、中国系
ほんと団体さん(と思われる人々)がいっぱいでびっくり!

そんなわけで、大混雑のレストランでは
写真をとるのもままならず、画像はありません

でも、品数もそこそこあったし、十分満足できるものでした

で、たまたま隣の席になったのが
前日の夜、一緒にクリスマスマーケットに行くことになったおばさまだったの

覚えてます?お連れの方はホテルで休むことにしたけど
どうしてもクリスマスマーケットに行きたくて
添乗員さんに頼まれて一緒に行くことになった、というあのおばさま

おばさまは自分の連れであるお友達に
初めて地下鉄にのっておでかけできたことが
どんなに楽しかったか、って話していて
改めてお礼を言われて、あたしもちょっといい気分に

ところがそのあとにそのお連れの方から一言

「あなたも良かったわね、地下鉄に乗れて。いい体験したでしょ?」

なぜか上から目線のお言葉にしばし唖然

慌てておばさまは「この方たちは、いつもされていることなのよ」と
フォローしてくれたけど、なんだかな~

ご本人ももしかしたらそんな気はなかったのかもしれないけど
その口調と言葉がね~
モヤモヤさま~ずな気分でした

混雑はしていたけど
なんとか集合時間には間に合った!

と思ったら、イヤホンガイドの器械がバッグに入ってないことが発覚

慌ててとりにかえったら、同じように荷物をとりに
部屋に戻っていた同じツアーの人がいたので、ホッ

結局スタート時間は遅れてしまって、初日から大失敗・・・

今日の最初の観光ポイントへ向かうバスの中で
反省していると添乗員さんが

「たぶんこうなるだろうと思って、予定より早めに集合時間を設定しておきました」

だって

さすが36人をまとめる添乗員さんだけあって
ありがちなトラブルを未然に防ぐテクニックを持ってらっしゃる

でも明日からは予定通りの集合時間を伝えるので
ちゃんと守ってくださいね、と改めてお願いがありました

ごめんなさい、もう二度と忘れ物しないようにします・・・

と堅く誓った ところで、移動のバスが目的地に到着

プラハ城への路 

プラハ城までの道

今日の観光のメインスポット


プラハ城入り口 
ここが城内への入り口

なんだか人が群がっていますよ

女子が押し寄せているのは

プラハ城の衛兵 

プラハ城を守る衛兵さん

紺色の生地にチェコカラーの飾り、ゴールドのベルトの制服
ファー付きコート、格好イイ~

ツアーのお客様が次々と衛兵さんと記念撮影

でもニコリともしないポーカーフェイス

彼にとってはお城を守るのが仕事
観光客相手に愛想振りまく訳にはいかないんでしょうね

日本人女性がワラワラと集まっては写真撮りまくりで
きっと彼にとっては迷惑このうえなかったことでしょう

大変失礼しました

さて、中にはいるとまず目にはいるのが

プラハ城2 

王宮広場

右上に旗がはためいているのが見えますか?
これがあるときは、チェコ大統領がこちらにいるっていう証だそう



衛兵さん♪ 

と、そこへやってきたのが別の衛兵さん

微動だにしなかった先ほどの衛兵さんとは違って
きびきびと歩く姿にまたまた萌え~

特別制服・軍服フェチというわけではないけど
間近で見るとほんと素敵だわん

て衛兵さんに浮かれてばかりじゃありません

プラハ城っていうのはプラハ城という
シンデレラ城のようなお城がたっているわけじゃなく
いくつかの建物で構成されているお城

プラハ城内でもっとも有名かつ荘厳なのが

聖ヴィート大聖堂5 
聖ヴィート大聖堂

ボヘミア地方のカトリックの総本山

大きさ、細工、あらゆる点で圧倒されます

中にはいると
聖ヴィート大聖堂1 
まずその高さに目を奪われます

この写真はかなり前方に進んだところで撮影したものなので
そんなに広く見えないかもしれませんが
実際はこの後ろにも空間は広がっているのでほんと
デカイです

さて、ヴィート大聖堂の目玉といえば

ステンドグラス1 
このステンドグラス

ヨーロッパ各地の大聖堂にはどこも
見事なステンドグラスがあるとは思いますが
このステンドグラスチェコが誇る芸術家
アルフォンス・ムシャ、日本風にいうとミュシャのもの 
 
アール・ヌーボーの旗手といわれた彼が手がけた
ステンドグラスは今回の旅の目的の一つでもあったんだ

その話をチェコに向かう機内でZと話していたら
「修復中でみられないっていう情報が入っています」という
添乗員さんが言うものだから、すっごく不安だったの

無事見られてよかった~!

さてここで、豆知識を一つ

このステンドグラスを拡大したのが

ステンドグラス2 
この右側の赤い服を着た少年

彼はチェコ建国の英雄・聖ヴァーツラフ(ヴァーツラフ1世)

ヴァーツラフ1世についての説明をし出すと長くなるので
割愛しますが、チェコの人たちにとっては
彼の存在は神にも等しいはず

この聖ヴィート大聖堂を最初に建てたのも彼です

この大聖堂を飾るに相応しい人物を
ムシャはちゃ~んと描いていたんですね~

ちなみにこの知識はTBS「世界遺産」より仕入れたもの

ガイドさんも添乗員さんも言ってくれなかったので
もしみなさんが誰かとここを旅したとき
ガイドさんが説明してくれなかったら、ちょっと自慢げに語っちゃいましょう(笑)

ステンドグラス

ステンドグラス3 
ムシャの作品以外にも見事なステンドグラスで
彩られる聖ヴィート大聖堂

ぐるっと中を歩いていくと
次に目をひくのが

銀のお墓 
この巨大な銀製のお墓

聖ヤン・ネポツムキーという方のお墓で
使われた銀の総量は2t

彼がなぜ聖人になったのかは
ここではなく、別のところでご説明いたします

かなり悲惨な最期を遂げてる方なのですが
これだけ立派なお墓をたててもらえたのが救いかな~

秘密の小部屋 

ここで上を見上げると、黄金の紋章の隣に
不思議な穴が空いているのがみえてきます

この穴の奥にはここ大聖堂で行われる戴冠式で使う王冠が
しまわれいる財宝庫

入り口は別にあるんだけど、確か鍵は7つあって
政治家やカトリックの長、プラハ市長など
名士によって管理されていて
特別な日以外はみることができないんだって

戴冠式が行われた中央の祭壇より
ある意味重要といえるのが
聖ヴィート大聖堂2 
こちらの聖ヴァーツラフ礼拝堂

国民的英雄ヴァーツラフ1世の遺骸が収められていて
この礼拝堂がさきほどの財宝庫の入り口となっています

壁一面に彼の生涯が描かれていて
本当なら近くによってみたいのですが
一般の人は足を踏み入れることはできません

こちらも特別な日、特別な人のためにのみ
ミサが行われる場所だそうです


聖ヴィート大聖堂6 

外にでてみて、今一度、みあげる聖ヴィート大聖堂


聖ヴィート大聖堂4 

外壁の壁画、飾り、尖塔
建物全体から溢れる荘厳な雰囲気

ツアーのわりには
ここでの撮影タイムはわりとゆっくりとってくれたのですが
いつまでもいつまでも眺めていたい
そんな気分になりました

そしてこの時期ならではの飾りが

藁で作ったキリストとマリアと博士達 
なんか素朴でカワイイ~

プラハ市内観光まだまだ続きます


back黒  NEXT黒









テーマ: ヨーロッパ旅行記
ジャンル: 旅行

タグ: 海外旅行 プラハ プラハ城 聖ヴィート大聖堂 チェコ ステンドグラス

コメント

No title

なんだかすごい迫力ですね。

日本にいたら絶対見れませんね。

白人さんって、カッコイイわ~

(*^ヽ^) ンー……ヽ(*^・゜)ノ~チュッ♪

重厚な建築物、生で見てみたい♪

下から2番目の見上げた「聖ビート大聖堂」の写真が特に好きです。
ステンドグラスの美しさも圧巻ですね~。
あー行きたい!!

どうしても、プラハ・・と言うと漫画「『MONSTER』を思い出しちゃいます。
『yawara!』浦沢直樹さんの漫画です^^

衛兵さん・・私もきっと、同じ立場なら写真に収めちゃいます♪素敵ですね。

チケットって、調べれば調べるほど
その価格の幅に悩み、購入のタイミングって難しいのでしょうね・・。

旦那様との旅行も、楽しい報告を待ってます♪

欧州だ~♪

きゃーカッコイイ!私も群がる女子の1人になること間違いなしです(^▽^;)軍服って西洋人に似合うようにできてるんだなーと思いましたよ。

大聖堂迫力ありますね。しばらく茫然と立って眺めそうです。ステンドグラスがまた凝ってますねぇ。色がとてもきれい!ミュシャが国と神様を思って頑張ったんでしょうね。

Re: No title

もも姫ママさん こんばんは♪

> なんだかすごい迫力ですね。
> 日本にいたら絶対見れませんね。

「大聖堂」っていうだけあってすごいですよね~
日本のお寺もまた違った意味ですごいけど
こういうところに行くと欧州に来たな~って気がします♪


> 白人さんって、カッコイイわ~
> (*^ヽ^) ンー……ヽ(*^・゜)ノ~チュッ♪

普通に歩いていてらそうでもないけど
この軍服がたまりませんよね~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

Re: 重厚な建築物、生で見てみたい♪

オレンジピールさん こんばんは♪

> 下から2番目の見上げた「聖ビート大聖堂」の写真が特に好きです。
> ステンドグラスの美しさも圧巻ですね~。
> あー行きたい!!

大聖堂という迫力を少しでもお伝えできたのなら良かったです!
ステンドグラスの美しさは画素数圧縮しているのと、カメラの性能もあって
本当の美しさの半分も伝わったかどうか・・・こういうときデジイチほしくなります!


> どうしても、プラハ・・と言うと漫画「『MONSTER』を思い出しちゃいます。
> 『yawara!』浦沢直樹さんの漫画です^^

ふふふ、持ってますよ~MONSTER!
なのでもちろん、プラハを舞台にしているってことも完璧に把握しております(*^-゚)vィェィ♪
赤いバラの屋敷や三匹のカエルの宿は見つからなかったですけどね(^▽^;)
次回の日記、お楽しみに!

> 衛兵さん・・私もきっと、同じ立場なら写真に収めちゃいます♪素敵ですね。

この冬のコートと帽子がまたいいと思いませんか?(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
これでもしあたしにだけ笑顔を見せてくれたら、その場で倒れると思います(爆)

> チケットって、調べれば調べるほど
> その価格の幅に悩み、購入のタイミングって難しいのでしょうね・・。
> 旦那様との旅行も、楽しい報告を待ってます♪

えいやで買ってしまいました。乗る便の値段はずっと一定だったのですが
前後の便の値段の移り変わりが激しくて、その影響が乗る予定の便にまででてきたらどうしようと心配で・・
特にここ何日かで急騰してるので、おもいきって買っちゃいました。
もし出発が近づいて価格が下がるようでしたら、まあそれもまた運命ってことで諦めます(^▽^;)

旅行用にミラーレス買おうかなと悩んでいるところです。良かったらまた相談にのってくださいね!

Re: 欧州だ~♪

snowshoe-hareさん こんばんは♪

> きゃーカッコイイ!私も群がる女子の1人になること間違いなしです(^▽^;)軍服って西洋人に似合うようにできてるんだなーと思いましたよ。

チェコもゲルマン系ではあるんですよね?
やっぱこちらの方の軍服似合いっぷりはハンバないですぅ~(* ̄∇ ̄*)エヘ
この冬服コートと帽子、日本人では絶対着こなせません!

> 大聖堂迫力ありますね。しばらく茫然と立って眺めそうです。ステンドグラスがまた凝ってますねぇ。色がとてもきれい!ミュシャが国と神様を思って頑張ったんでしょうね。

教会のステンドグラスはいくつもみたことありますが
このミシャのものは人物がイキイキとしてかつ鮮やかで素晴らしいです!
どちらかというと商業ベースの感の強いミシャですが、母国の教会においては
あくまで神のため、国のために心を込めてつくりあげたんでしょうね

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

精巧なステンドグラスの美しさに圧倒!「聖ビート教会」

精巧なステンドグラスの美しさに圧倒!「聖ビート教会」 by Katedrála svatého Víta (Saint Vitus’ Cathedral), Prague / LenDog64 チェコの絶景・名所 行ってみたい度:★★★★☆ チェコ共和国の首
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。