FC2ブログ
アナログ時計(黒)
プロフィール

*Eureka*

Author:*Eureka*
旅日記をのんびりと綴っています

映画、ドラマの話もチラホラ

要するに気まぐれBlog

なのでお気軽にお立ち寄り下さいませ

最新記事
最新コメント
管理人へのお便り
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

月別アーカイブ
クラシック演奏会
カテゴリ
遊びに来てくれた人
いま遊びに来てくれてる人
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』


高桐院1


きまぐれ散歩.GIF

街はクリスマスムード漂う季節????

京都もイルミネーション始まっていますが
どうもこの季節の盛り上がりは
いまひとつのような・・・・やっぱ和の街だから?aa

????クリスマスと紅葉

なんか変な取り合わせだけど
これもひとえにクリスマス商戦の前倒しと
温暖化のせい

でもまあ、紅葉が美しいのは変わらないわけで?

毎年、違う場所で紅葉を楽しんでいるんだけど
今年はコンパクトに廻れて、かつ趣の異なる紅葉をご紹介します

ライン1

この日最初に向かったのが

源光庵5

源光庵

鷹峯といって京都でもかなり北にあるお寺で
バスの本数も有名スポットに比べると多い方ではないけど
市バスのバス停降りてすぐ目の前なのでアクセスは悪くないですХ

上の写真は駐車場で撮影したもの

ダイナミックなコントラストが目を引きます

でもこちらのお寺のメインは建物の中


源光庵3

このように丸窓と角窓から庭の紅葉を眺めるという
京都らしい紅葉の楽しみ方が出来るの??


源光庵4

まず建物に入ってすぐ右側に見えるのが
”迷いの窓”と呼ばれるこの角窓

これは「人間の生涯」を象徴していて
生老病死の四苦八苦を表しているんだって


源光庵2

隣にある”悟りの窓”と呼ばれる丸窓は
「全と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現してるそう

そんな解説文を読みながら
静かに窓の外を眺めていると不思議と心が落ち着くんだ?

ここは数年前に初めて訪れたんだけど
それ以来お気に入りの場所??

ただ、行くときは必ず平日a?

けして広くはないスペースなので
紅葉シーズンの休日には人が溢れて大変なことになっているとかa

人がワイワイがやがやと観賞する中で
迷いも悟りも感じられないでしょ?

お仕事、お休みとりにくいかと思いますが
できたら平日、これほんと?


源光庵のもう一つの見どころは

源光庵・血天井

血天井a

伏見桃山城で380人の人たちが
自害したときの痕跡

400年経った今でも残る血の後に
人の命の儚さと永遠を感じたりして・・・・?

こんなおどろおどろしいものがあったりするけど
源光庵はこじんまりして、ほんとのんびりできるところ?

縁側に座ってボーっとすることもできるし
お勧めスポットです



次に向かったのは歩いてすぐの

光悦寺1

光悦寺

ここはこのアプローチの小径が好きなんだよね??

拝観料はこの小径の先で徴収されるので
もし観光する時間や予算がないときは
この小径だけならタダなので、ぜひ光悦寺に立ち寄って欲しいな

江戸時代のマルチタレント・本阿弥光悦?

茶道に陶芸、書画に文筆と
あらゆる芸術において才能豊かであった彼は
徳川家康から与えられたこの土地に
一族や職人と共に移り住んだそう

彼の死後、お寺となったんだけど
光悦の住居跡だけにいくつもの茶室が造られ
中でも有名なのが光悦垣とよばれる独特の垣根

でもあたしが一番好きなのは
光悦寺2

この本阿弥庵(右側の写真)からの眺め

一応ここも京都市なんだけど
そんなことを忘れちゃうぐらい、自然の豊かさを感じられる
この茶室からの眺めがほんと素晴らしい?λ

光悦寺3

光悦寺のお寺にはそれほどたくさんの紅葉の木があるわけではなく
刺し色のように、ところどころに朱が配されているんだよね?

いわゆるお寺とはちょっと違って、
京都の文化人のセンスを感じられる場所かな、なんて?



  
次にバスで常徳寺前で下車してちょっと歩いたところにある

今宮神社1

今宮神社

西陣の八百屋の娘だったお玉が、
後に5代将軍綱吉の母、桂昌院となったということで
別名”玉の輿神社”と呼ばれる今宮神社

紅葉の季節はそれほど人気がないのか
境内に人はなく、とっても静か?

そのうち近所の保育園の子供達が遊びに来たりして
地元ムードでの~んびり?

今宮神社3

今宮神社といえば門前名物”あぶり餅”?

きな粉をまぶしてあぶったお餅に甘い白味噌を絡めてあるの

1人前500円でお茶のサービスもあるので
ここに来たら1度は食べたいもの?

門前には平安時代から営む「一和」と創業400年の「かざりや」と
どちらに入るか悩むんだけど

今回は「かざりや」さんに決定

理由はこの景色??


今宮神社2

門に最も近い席に陣取って
この景色を間近に見ながら、お茶とお菓子をいただく

う~ん、幸せ??

この席の位置は「かざりや」さんだけにしかないんだよね
まさにベスポジ?

何にも遮られることなく、紅葉独占しちゃったよんa



次はまたちょっと歩いたところにある

高桐院2

高桐院

関東・東海エリアの人にとっては
JRのCMの”そうだ、京都、行こう”でお馴染みの場所?

ここは”敷き紅葉”で有名なの

高桐院3

こうしてのんびりとお庭を眺めるのがおつなんですが
若干ですが色が褪せてきちゃってるかな?

でも一部はまだその美しさを残していて
ブログの冒頭の写真はこちらのお庭のもの

”敷き紅葉”の名に恥じない美しさ???

でも写真に収めるのには身をかがめて一苦労
カメラマンさん、みなさん窮屈そうでしたaa

上の写真の部分は立ち入ることはできないけど
高桐院のお庭はここから専用のスリッパを履いて
散策することが出来るんだ?

でもむちゃむちゃ広いお庭ではなく、また
スリッパの数も限られているわけで
ピーク時にはきっとお庭にでるのも大変なんだろうな~?

庭には細川家代々のお墓や
あの有名な細川ガラシャのお墓もあります
分骨ってことかな

お庭の中で目を引いたのが
こちらの手水鉢??

高桐院4

左のなんてまるでクリスマスリースみたいでしょ????

色とりどりの紅葉が計算されたかのように
水に浮かべられていて、めっちゃカワイイ???

京都の紅葉の楽しみ方って
こういうなにげないものも全てその美しさを計算してるってとこ

お見事です??

とまあ、こんな感じで廻って
これでバスの待ち時間含めて、計2時間半ぐらい

どこも小さい寺社仏閣ばかりだからね

午前中だけで十分見て廻れます?

来年の紅葉巡りの参考にでもしてもらえたらいいな






TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

コメント

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

色々な所を紹介して

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

失礼しました~

紹介して下さってありがとうございます。

角窓と丸窓からの景色がとても好きです。

丸は宇宙を表しているということですが、エジプトでも丸は太陽を表していると聞き、何か共通点があるように思いました。

手水鉢、クリスマスカラーで綺麗ですね☆

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

すごい綺麗~写真、写すのも上手ね。

私にはサッパリ知らない場所ですが・・・



クリスマス楽しみですね。

旦那様と豪華ディナーかな?



Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

アロハ~☆

全部知らないお寺ばっかりだったけど、人も少なそうで、ゆっくり紅葉を楽しめそうやね♪

先日東大寺に行ったけど針葉樹が多くてもみじしか紅葉してなかったわ。

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

おお~人が少な~い!!さすが平日。知らない場所と食べ物を知ることができて嬉しいです。ダンナが一緒だと本当に定番なところにしか行かないので・・・



丸窓の景色が素敵ですね~。作った人のセンスが今でも活きているんだなーと驚かされます。

紅葉がクリスマスとリンクするとは、温暖化と分かってはいるけれど複雑な気分ですね。

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

丸い窓がなんか心魅かれるよ。

微妙に貞子ぽくて怖い感じだけど。

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

そうだ!京都へ行こう!

これがきっかけでしたね~。

今年行きたかったところ・・・

でもホテルがとれなかった。(笑)



いくら近くてもやはり泊らないと楽しめません。

素敵な写真でいっぱいですね。

参考にさせていただきます。



次は桜の季節に参ります。

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

うわぁ~ このコース、来年いただきだわっ!!

うんうん、平日がイチバンよね☆

丸窓の紅葉の写真、素敵すぎます(≧▽≦)

ほんっと、写真がよすぎ~!

早速トラバもいただきです ^m^

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

こんばんは。

ああああ~…(感嘆)

命の洗濯、ありがとうございます!

毎年紅葉の綺麗な写真を見せていただいていますが、今年の写真もどれもとっても美しいですね。 絵葉書みたいに絵になるんですよね。 丸窓でくっきりと切り取られた風景、素敵です~



京都ってどこも混んでいる印象なのですが、こちらのお写真は落ち着いた空気まで伝わってきて、いいですね^^

Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

つくばい好きなので、最後の2枚には、もう惹きつけられることこの上なしです♪(^O^)/



京都の紅葉は、もうどんだけ前に見たことでしょう。

見どころがありすぎて、こうして拝見して参考にさせていただけると助かります!

って、行くあてもないし、きっと「宿」問題で無理なんでしょうな~(>_<)



そうそう。あぶり餅って食べてみたくて。

今宮神社、行ったことないんですよ~

これも次回は行きたい場所の筆頭!



Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

来年の紅葉巡りの参考資料ありがとう。今年は暑かったので、その分、急激に気温が下がり例年になく紅葉が奇麗だったとTVで言ってました。

来年は西方面に行きたいと思ってます。西よりも、もっと通り越して本当は九州に行きたいんだけど・・・(行ったことがないので)  



Re:『来年の紅葉巡りのご参考に・・・*2010紅葉巡り』(11/30)

京都の紅葉はなんて美しいのでしょう!

一枚目の木の根元と赤いモミジの写真がたまらなく好きです。



あぶり餅、私も大好きです。

でも最後に食べたのはもう10年くらい前かも?

「かざりや」さんは母方の家と縁があり、子供のころによく行きました。

あの白みそのタレと、ちょっと焦げた香ばしい香りが懐かしいです。

京都観光

京都の街は 面白いですね。 歴史と偉人の人生が そこにある。八百屋娘お玉と将軍との結婚 その子が 綱吉(生類憐みの令)お玉の側室時代 綱吉の子供の頃 そして 歴史的の残る話と教科書と先生の授業 なんか いろいろ推測してしまう。小説でも 書けそうですね。
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。