FC2ブログ
アナログ時計(黒)
プロフィール

*Eureka*

Author:*Eureka*
旅日記をのんびりと綴っています

映画、ドラマの話もチラホラ

要するに気まぐれBlog

なのでお気軽にお立ち寄り下さいませ

最新記事
最新コメント
管理人へのお便り
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

月別アーカイブ
クラシック演奏会
カテゴリ
遊びに来てくれた人
いま遊びに来てくれてる人
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南イタリア行き決定!

中欧の旅日記もまだ途中だというのに
9月にまたまた海外へ飛び出します!

次の旅先は

南イタリア

イタリア自体、訪れるのは17年ぶり!(たぶん)
その時はローマからシチリア島、フィレンツェと
巡りました

懐かしいな~

でもその頃はカメラにも興味なくて
ただただ旅することだけが楽しくて
思い出の写真もそう多く残っていないきが・・
ってアルバムは実家にあるから今度帰ったらみてみようかな

今回は母との二人旅

母はイタリアははじめて!

あたしがどうしてもカプリ島に行きたいっていったら
母は「じゃあ、あたしはアマルフィ」

初イタリアならベネチアとかミラノとかもって思ったけど
(あたしも行ったことないし)
でも周遊ツアーはやっぱり駆け足すぎて二人には合わないと思い
個人手配旅行でいくことに

準備始めたのが先月中旬からだったからもうバッタバタ

そんなとき見つけたのが
こちらのサイト

アーモイタリア


行先別に情報がまとめてあってとってもわかりやすいの


旅先での最大の楽しみであるグルメ情報も
ガイドブックでは伝わらない
リアルなレポつきで紹介されていたりするから
どれもみなおいしそうに見えて
短い滞在時間の中でどこに行こうか迷っちゃう!

鉄道情報ものっていて
イタリアのショーペロっていうスト情報の確認の仕方など
個人旅行する人にとってはほんと情報量がすごーい!

美術館にもいってみたいし、
鉄道の乗り方や切符の手配なども調べきゃ

こちらのサイトでは
美術館の予約サービスも行っているとのことなので
早速問い合わせしたいと思います

出発まであと一か月しかないけど
出来るだけ、情報集めて楽しい旅にしたいな♪

スポンサーサイト

テーマ: ヨーロッパ旅行記
ジャンル: 旅行

豪華だけど優しい雰囲気のメルク修道院

大理石の間

これだけ立派な建物だから大広間もすごいことに
なってるんだろうと想像してたけど
ほんとすごい!

って思ったら、実際に大理石が使われているのは
一部だけのこと
だまし絵にみごとだまされました・・・

大理石の間の天井画

アテナとヘラクレスをモチーフとした
ものだそうです

賢く力強い権力者、みたいなものを
描きたかったのかな?

大理石の間をぬけ、バルコニーへ

メルクの街並みとヴァッハウ渓谷
ドナウ川が眺められます

天気に恵まれてほんと良かった♪

メルク修道院教会

ここへきてまたしても
立派な建物が登場!

メルク修道院が誇る
10万冊の蔵書が収められた図書室


色鮮やかな天井画が描かれています

図書室においてある人形?というか置物

きっと有名な人なんだろうけど、よくわかりません

天井までびっしりと並ぶ本

中世の手書きの書物も多数集められ
写本もおこなわれていたとか

手書きの本の一部が公開されていました

もちろん中身はさっぱりわからないけど
美しいカリグラフィーを見るのが楽しい♪

これは何か道具に関する書物??

図書室から教会への移動は階段で

この手の階段って上からのぞくたびに
目が回りそう

ってのぞかなきゃいいのにね

教会の礼拝堂の天井を飾る
見事なフレスコ画

教会全体が細部にまでわたって
美しい装飾がほどこされています

教会の一角にある聖人の骸骨

骸骨にまできらびやかな装飾が!

教会の祭壇もオルガンも豪華絢爛で
もう言葉になりません

教会というと重苦しい雰囲気もあるけど
ここはほんとにフレスコ画が美しく
また使われている色がパステル調で
外からの差し込む優しい光ともあいまって
とても穏やかな気持ちになれました

豪華絢爛な修道院をでると、
にゃんこがお出迎えしてくれました

そういうばチェコにいるときって
全然にゃんこに出会わなかったかも

この旅の初ニャンコ
こんなに広くて豪華な修道院の中で
きままに過ごしてなんとも贅沢♪

しょぼいカメラでは修道院の美しさを
収められなかったのでポストカードを買いました

同じツアーの方たちも同様に
ポストカードを買う人が多かったんだけど
なぜかみな買う枚数が3枚!

なのでレジのおばさんが面白がって
会計するときに「1枚、2枚、3枚 はい、○○ユーロ」
と繰り返し言ってました(笑)

ザ・バロック様式って感じで
終始、その豪華絢爛さに
圧倒されっぱなしだったメルク修道院

次はいよいよウィーンに入ります

テーマ: ヨーロッパ旅行記
ジャンル: 旅行

国境を越えて、オーストリアへ

ツアーで苦手なものは早起き

この日もまだ日が昇らないうちにホテルを出発
朝ごはんはしっかり食べたので目は覚めたけど
たぶん、移動のバスの中で寝ちゃうんだろな~

中世の雰囲気たっぷりのチェスキー・クルムロフ
ライトアップされたお城の様子もこれで見納め

バスに乗り込み、しばらくすると
朝日が昇ってきました

今日もお天気は大丈夫そう♪

それにしても12月の中欧って雪降るんじゃないの?
全く降る気配なし
寒いの苦手なので、まあいいんだけど

チェコとオーストリアの国境

まるで高速道路のICのように
味もそっけもなく、さ~っと通り過ぎるだけ

島国に住む身としては「国境を越えました感」が
欲しいところなんだけど、
もはやそういう時代ではないからね・・・

でもちょっとさみしい

道路標識にあるウィーンの文字をみて
オーストリアに入ったことを実感

この旅とは全然関係ないけど
この道の先にある、St.Valentineって街は
どんなとこなんだろ?

遠くに見える山々は
雪をかぶっているけれど
大地をみると雪のかけらもなし

ほんとに12月中旬??これも温暖化?

なんていってたら、あっという間に
メルク修道院に到着

修道院という名前から地味な建物を
想像していたんだけど、えらい違い!

何この豪華さ!宮殿??

メルク修道院の中庭

ほんと立派な建物でびっくり
ハプスブルグ家縁の修道院ということだけあります

青空と建物の色のコントラストがキレイ♪

皇帝の回廊につづく皇帝階段

外観のクリームイエローとは違って
内部に使われているこの上品なピンク色が
また素敵♪

さあ、この先にはどんな豪華絢爛な舞台がまっているんでしょう?♪

テーマ: ヨーロッパ旅行記
ジャンル: 旅行

チェスキー・クロムロフの静かな夜

夜ごはんは同じツアーの人と一緒に
川沿いに面したお店で

なんとなく雰囲気良さそうだったんだ

でもお客さんはあまりいなくて・・・
町全体に観光客も少なかったから
仕方ないかな

お料理の名前は忘れちゃったけど
チェコ料理

みんなでシェアして食べました

付け合せのクネドリーキ初体験!
そぼくだけどソースつけて
食べるとおいしかった♪

忘れちゃならないのがチェコビール

ブドヴァイゼルです♪
アルコール弱いあたしでも
すすっと飲めちゃいました♪

食後はみなさんはホテルに戻りましたが
友達ともう少し街中を散策して戻ることに

昼間のぼったチェスキー・クルムロフ城
の展望台に飾られたクリスマスツリー

シンプルながらも大きなツリーで
キラキラと輝いていました

街を見下ろすとほのかな明かりが

展望台には人は全くいなくて寂しかったです
お城に向かう道もほんと誰もいなくて・・・
小さい街の平日の夜ってこんなものなのかな?

ホテルに戻ると
街の中心地・スヴォルノスト広場が
ライトアップされていました

クリスマスマーケットは開かれていなくて
ほんとうに静かな夜です

お部屋に戻ると、
キャ~♪
なんと窓からクリスマスツリーが
見えるじゃないですか♪

静かな夜の窓辺にクリスマスツリー
いいお部屋を割り当ててくれて
添乗員さん、ありがと♪

白雪姫の小人さんベッドでおやすみなさい


翌朝、外はまだ暗い中
朝食会場へ

レストランは
フォークロア調っていうのかな
素朴だけど温かみのあるインテリア

小さなホテルだけど朝食メニューは充実

中でも気に入ったのが
キャベツの酢漬けニシンのロール巻き!
他の人は全然取ってなかったけど
(朝からこーいうの食べる人少ないと思う)
ハマる味!

このホテルでしか見かけなかっんだけど
もう一回食べたかったな~

それにしてもほんと内装の可愛いレストラン♪

ゆっくり食事を楽しみたかったけど
出発時間が迫っているので退散しなきゃ

テーマ: 海外旅行記
ジャンル: 旅行

オカシナモノだらけのチェスキー・クロムロフ

そのお店の前には小さな椅子も
置かれていたんだけど
その椅子の足は・・・

人の足!!!

さらにお店の中を見てみると・・・

バケツにも足が生えています!

ゴミ入れようとしたら
走って逃げられちゃいそう(笑)

ショーウィンドウに並ぶ
指キャンドルと足首キャンドル

クリスマス用に
窓辺に並べてキャンドルをともせば
ま~なんてロマンチック♪

って気色ワル~(笑)

お店の裏はヴルタヴァ川

人もいなくて、静かで椅子に座って
お茶しながらボーってするのもいいよね♪
って思えるようなとこですが、
よ~くみるとこの椅子、サイズがおかしい!

実際に座れますが、自分がコビトちゃんに
なったような気分になります(笑)

で、同じくこの川べりにあるのが
ベンチの両側にもたれられるように
造られているのがなんと足裏の形!

足裏同士に挟まれて・・・・
なんか臭そう?

せめて手のひら同士とか・・・

とまあこんな感じでおかしなものに
次々と遭遇

友達に送るクリスマスカードを買おうと
立ち寄った本屋さん

お手頃価格のカードをゲットできて
良かったと思いつつ、奥のほうまで進んでみると
チェコのかわいい絵本に紛れて、
なぜか「MANGA」の文字が!
絵柄がめっちゃ日本的だし(笑)
こんな小さな街の小さな本屋さんにまで
置かれているなんてすごい!

やっぱり「MANGA」って世界に誇れる
クールジャパンカルチャーなのね♪

チェコの代表的なオーガニックコスメの
ボタニクス

こんな小さな町にもお店はありました
プラハでは行けなかったので
寄ってみました

店員さんにおみやげ用に小さなのを探していると
言ったら、棚にはなかったほんとに小さい
ちょっとしたギフト用にラッピングされたものを
大量にみせてもらったので、そこから十数個購入♪

さらに普通サイズのものも自分用に買ったら
いろいろおまけもたくさんつけてくれて・・・
店員さん一人でやっていたお店なので
そのへんは融通きかせてくれたのかな♪

とっても感じの良い店員さんでした♪

チェコといえば、ビール。
ドイツ以上に国民一人あたりの消費量が
多いとも言われているらしいよ

そんなチェコビールの中でも
チェスキー・クロムロフで飲まれているのが
この「エッセンバーグ」

でもこの酒場もただもんじゃなかった!

こちらの居酒屋は
椅子がすべて背もたれが、人の後ろ姿♪

なんてユニークでかわいいの♪

どの椅子に座ろうか迷っちゃうよね

店名は忘れちゃったけど、
でも店内をよーくみてみると
ちょっと座るのをためらっちゃうような
いや、男性なら真っ先に座りたくなるような
バックポーズの椅子も(笑)

チェコビールで
忘れてならないのがブドヴァイゼル

アメリカのバドワイザーとは別物だけど
世界で一番売れているバドワイザーだけに
勘違いしちゃうよね

さて今夜はどこでご飯にしよっかな

テーマ: 海外旅行記
ジャンル: 旅行

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。